top of page

【学問の自由】シュタインマイヤー独大統領ボン大学創立200周年記念式典式辞を原文で読もう(19)

第18回に引き続き、学問の自由についてです。学問の独立性と現代社会の関係。

Die Unabhängigkeit vom Staat ist garantiert; für die Unabhängigkeit von anderen muss die Wissenschaft selbst sorgen. Und – soweit ich das beurteilen kann – gelingt ihr das. Wenn gelegentlich nach den Konsequenzen weitreichender Drittmittelfinanzierung in einzelnen Forschungsbereichen gefragt wird, sollte sich niemand beklagen. Solche Fragen lassen sich beantworten. Wichtig ist nur, dass Universität und Forschungseinrichtungen sich der Bedingungen ihrer Unabhängigkeit bewusst sind und sie in jede Richtung verteidigen!

Freie und unabhängige Wissenschaft macht unsere moderne Gesellschaft überhaupt erst möglich. Ohne starke Wissenschaft wäre unser Land nicht überlebensfähig. Erst sie macht uns zum Partner im internationalen wissenschaftlichen Austausch, auf den wir angewiesen sind. Erst sie legt das Fundament für Innovationen und Perspektiven für kommende Generationen. Und erst die Kombination von akademischer Freiheit und Forschergeist in Verantwortung schafft die Freiräume, in denen Gesellschaft sich ihrer selbst versichern kann.


【解説】

für ... sorgen ~のために配慮する、措置を講じる

Drittmittelfinanzierung 外部資金による研究融資。Drittmittel とは、研究機関における予算および設備投資以外の第三者から提供される特定研究のための研究資金のこと。

sich [der Bedingungen ...] bewusst sind (Dativ 与格)についての意識・自覚がある

Ohne starke Wissenschaft wäre ... 強い学問なしには~だろう。接続法第二式を使った仮定。

sich [ihrer selbst] versichern (Genitiv 属格)を確保しておく。「自身を確保する」は、「自らの存続を確保する」と解釈できるでしょう。


【翻訳】

国からの独立性は保証されています。他のことからの独立性は、学問自体が確保しなければなりません。そして、それは、私が判断できる限りでは、成功しています。個々の研究分野における大規模な第三者融資の影響について時に質問をされることがあっても、誰も文句を言うべきではありません。そのような質問は、回答可能です。重要なのは、大学や研究機関が、独立性の条件を意識し、それをどの方向に対しても防衛することだけです。

自由で独立した学問があって初めて私たちの現代的な社会が可能になるのです。強力な学問なしには、我が国は生き残ることができないでしょう。学問があって初めて、我が国は国際的な学術交流の中でパートナーとなることができるのです。そうした交流は私たちにとって不可欠なものです。学問があって初めて、イノベーションや未来の世代のための展望の基礎が打ち立てられるのです。学術的自由と、責任感のある研究者精神が組み合わさることで初めて、自由行動の余地が生み出され、その中で社会は自らの存続を確保できるのです。











サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

1 Ansicht0 Kommentare

Commentaires


bottom of page