【学問の自由】シュタインマイヤー独大統領ボン大学創立200周年記念式典式辞を原文で読もう(17)

Aktualisiert: März 1


第16回に引き続き、大学のあり方について。大学教育者としての責任とこれからの教育者の養成をどうすべきか問題提起しています。

【原文】

Liebe Hochschullehrerinnen und Hochschullehrer, ich würde mir wünschen, dass Sie Ihre Übungen, Vorlesungen und Seminare immer auch als Chance sehen, der Verantwortung von Wissenschaft gegenüber Gesellschaft und Demokratie gerecht zu werden! Dazu gehört zweifelsohne, dass wir ein Klima an der Universität haben, das Diskurs und Debatte fördert. Dass wir Lehre von höchster Qualität brauchen – eine Lehre, die zur Diskussion einlädt. Ich bin mir sicher, dass dieser Anspruch Sie hier in Bonn bereits heute in Ihrem Handeln leitet. Ich glaube allerdings, dass es damit allein nicht getan ist. Wir müssen doch grundsätzlich debattieren und definieren, was wir von der akademischen Lehre im 21. Jahrhundert erwarten. Wozu soll ein Studium heute dienen? Welche Fähigkeiten in Denken und Handeln soll es in Zukunft vermitteln? Und was muss die akademische Lehre leisten, um all diesen Ansprüchen gerecht zu werden? Können wir es dem Zufall überlassen, ob ein guter Wissenschaftler auch ein guter Lehrer ist? Müssen wir neue Wege der "Befähigung" zur Lehre finden, wie das manche fordern und an vielen amerikanischen akademischen Einrichtungen schon stattfinden? Antworten auf diese Fragen zu finden, dazu will ich Sie heute ermutigen!


【解説】

in Ihrem Handeln leitet 行動指針である(となっている)

es damit allein nicht getan ist それだけでは十分ではない

Befähigung 能力養成



【翻訳】

親愛なる大学教授・講師の皆さん、あなた方が、ご自身の演習・講義・セミナーなどを、社会と民主主義に対する学問の責任を果たす機会でもあると考えてくださることを願っています。そのためには、大学において、談話や議論を促進する雰囲気が必要であることは疑いもありません。そしてまた、非常に質の高い教育、討論を誘う教育が必要です。こうした要求が、ここボン大学において、今日すでに皆さんの行動指針となっていることと思います。しかしながら、それだけでは十分ではないと私は考えます。私たちが21世紀の大学教育に何を求めるのかについて、根本的な議論をし、定義する必要があります。今日、大学での勉強は何のために役立つべきのか?それは、将来、思考と行動におけるどのような能力を伝授すべきなのか?また、これらの要求すべてに対応するために、学問は何をなさなければならないのか?優秀な学者が同時に優秀な教師でもあることを偶然に任せることができるのか?一部の人が求め、また多くのアメリカの研究機関ですでに実施されているように、教育のための「能力養成」において新しい方法を見つける必要があるのか?こうした問いの答えを見つけていただけるよう、私は今日皆さんを鼓舞したいと思います!












サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

54 Ansichten0 Kommentare